影城主のお役目(戦国IXAブログ)

戦国IXAの情報やプレイ日記、関連する歴史の小話を紹介しながらアンルシアの話をするブログです。

銅銭防御について考える② たくさん敵を倒したいw

f:id:masaixa2019:20191030031144p:plain

 

全国の影城主の皆様こんにちは。

 

「銅銭防御について考える」の第二回目です。

 

前回の記事はコチラ⇓

 

一戦防衛力を高める

防衛で銅銭を稼ぐには、できるだけ多くの敵を倒すことが必要です。

正確に言うと「できるだけ多くのポイントを稼ぐ」こと、つまり一戦防衛の数字を上げることですね。※半蔵さん&道頓さんによる銅銭防御の場合です。

前回記事の「格付上位者による大合流を受ける」というのは、一戦防衛の数字を上げるために必要な条件のひとつです。

大量の敵兵と高い格付け補正が一戦防衛の数字を上げるのには必須です。

しかしこれは相手都合。こちら側でできる体制とはどのようなものでしょうか。

 

加勢は必要最低限で

ワールド1の一戦防衛の全国格付を見てみます(12/17時点)。

f:id:masaixa2019:20191220211108p:plain

3位と4位、そして2位と5位は本影ペアだと思われ、同じ戦闘で記録したものでしょうか。足してみると驚異的な数字ですね!

1位の方は強同盟の盟主さんですが、この記録は盟主になる前の期のまだ序盤にたたき出した数字です。当時報告書を確認しましたが、たぶんソロ防衛?

その他の100位以内の上位者を見ても、ソロ盟主が多く、大同盟の盟主はほぼいないことがわかります。

防御ポイントの格付を見ても、防御機会が多くポイントも稼げるはずの大同盟の盟主は上位には意外と少ないです。

これは加勢が増えるとポイントが分散してしまうためで、一戦防衛の数字を上げるためには多くの加勢は不要なことがわかります。

防御の部隊数が少なければ相手の人数依存系攻撃への対策ともなります。

 

いろいろと調整もしやすい本影防御がベストかな?

 

最高でも最強でもない

一戦防衛の高数値をたたき出す部隊は、最高の防御力の数値をたたき出す部隊とも、あまたの大合流を弾き返す最強の部隊とも少し違います。

最高の防御力(数値)を出すためには、防御力の付かない(または低い)ほとんどのデバフスキルは不要となります。相手に対する弱体化スキルはこちらの防御力にはなりません。

最強の部隊を目指すには、強力なデバフスキルは必須です。ただし、相手損害増加スキルは不要となります。特に勝利時条件のスキルは無意味です。

しかし、一戦防衛の高数値を目指すなら、デバフスキルはもちろんのこと、相手損害増加スキルの活用も有効となります。

問題は移植が困難なものが多く、初期スキルとして持つ武将を使わなければならない点でしょうか。

 

シクレなどの期間限定カードからの移植は、実質不可能と考えてますw

 

一戦防衛(対大合流)に有効なスキル

以下の4つのスキルは、持っていれば確実に入れておきたいですね。

f:id:masaixa2019:20191221181148p:plain

 

「花舜妙覚」以外は「忌火」効果の乗る姫武将などに移植して発動率を上げたいですが、ちょっと難しいですねw

他では「落石の計」は花舜さんが なければ入れたいですが、あるならチョット微妙ですね。鈴木重幸さんのコスパも良くはありませんし。

「災禍ノ老仙」以外の相手損害拡大スキルは勝利時条件付きだし効果も少ないので、これも微妙です。

相手に追加ダメージ(HP減少)スキルは、個人の銅銭防御ではあまり必要ないですね。攻撃は何回でもきて欲しいしw 火力を優先させたほうがいいです。

自身の損害やダメージ減少スキルも、飛ばしたくない武将がいる部隊には有用ですが、銅銭を稼ぐためには自身の損害を減らすよりも火力を上げるべきでしょう。死亡兵ポイントでも銅銭が入りますしw

使うなら移植ではなく、初期スキルに持つ武将(天・宇喜多直家さんなど)を使うのが良いでしょうね。

 

 以下の2つは最近は覇道系スキルを完備していることが多いので微妙ですよね。

f:id:masaixa2019:20191221181208p:plain

 

「掃天封壁陣」はS2出しで付けている人も多いのですが、大兵力の武将が多いのでもったいないです。茶屋さんもコスパは良くないです。

「今川仮名目録」なども同様ですが、あれば使うけどわざわざ手間かけて移植する必要はないのかも知れません。

極・千利休さんの「侘茶」も同様に覇道系で防がれますが、こちらはカード自体のコスパが良いので、持っていれば使いたいですね。

「幽冥主宰大神」は火力も高くて良いのですが、移植のハードルが高いです。

 

掃天もたまに効果を発揮するから1つくらいは入れたほうがいいのかな?

銅銭合流とか、廃同盟以外の2発目3発目なんかは案外ひっかかるねw 

 

自身6部隊編成がイイ

現在では6部隊以下発動の強力スキルがあるため、本城主3部隊+影城主3部隊という「全」6部隊編成も多く見かけます。または本4+影2。

育てる武将も最低限で済み、コスト無制限の加勢2部隊を含む防御力はかなり強力です。一戦防衛の上位はこの形の方も多いと思います。

しかし、銅銭防御においては、そのうち1部隊を銅銭マネ部隊にしなくてはならないのでやや不向きです。半蔵さんと道頓さんの2部隊を入れる人なら尚更無理です。

銅銭防衛では「自身」6部隊編成をオススメします。自身6部隊に追加で影加勢が入る前提です。

前述のように入れたいスキルも多くあり、全6部隊ではスキル枠が足りません。

また、加勢アリの場合の防御ポイントの按分を考えると、自身がなるべく多い部隊数のほうが有利になります。

 

自身6部隊編成には無双英傑が必須ですね

 

今回のまとめ

自身6部隊編成に影城主から強力な加勢をもらった少数精鋭での防御が銅銭防衛に適しています。部隊数が少ないかわりに有用なスキルをうまく活用することも重要です。

まあ、あくまでも個人の主観であり、攻略法でも何でもありませんので、その辺はご理解ください。

もともと銅銭部隊を入れることは、一戦防衛を上げたり最強の防衛部隊をつくる道には反していますので。

 

だからこそ面白いのですがw

 

次回③はマネについて考える予定です。

 

それでは今回はこの辺で失礼いたします。

 


戦国IXA(イクサ)ランキング

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. 

 


記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の商標、または登録商標です。
Copyright © 2010-2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.