影城主のお役目(戦国IXAブログ)

戦国IXAの情報やプレイ日記、関連する歴史の小話を紹介するブログです。

影城主の雑談(30) 美談? 

 

全国の影城主の皆様こんにちは!

 

今月より撮影が開始された、来年のNHK大河ドラマ。

 

主人公は明智光秀さんです。

光秀さんといえば、「日本史上最大の裏切者」として有名ですが、歴史サイトのアンケートなどでは、「再評価すべき人物」の1位にもなっており、大河がどのような描き方をするのか、非常に楽しみですね。

 

もちろん主人公ですから、極悪の裏切者ではなく、良い人として描かれると思いますが、そこで重要になってくるのが妻の「熙子さん」の存在でしょう。

貧乏時代に、自分の髪を売って光秀さんを助けた内助の功は、「へそくり」の千代さんよりも美談だと思いますw

光秀さんを良い人にするには、熙子さんとの夫婦愛エピソードは必須ですw

 

さて、当然ながら、IXAにも「熙子さん」は登場しています。

あまり問題視されていませんが、私は相当な「チート」「壊れ」武将だと思います。

2221.jpg

 

この、加勢時でも編成が可能となるスキルは、合戦の流れを変えたと思います。

加勢入りの敵城に突撃し、「一撃目でだいぶ加勢を削ったはずだから次はいける」のような考え方が、非常に危険なものとなりました。

 

なにより熙子さんを使えば、それまで困難だった加勢部隊編成スキルの移植が、CとS1の両面待ちで出来るようになったのは大きいですよね。

 

理想の負け方?

ソロ防衛(本影防衛)の場合、いくら防御を強化しても、盟主攻めのような物量攻撃を受ければ防げません。

本城主様のように、仲間からの追加加勢が見込めない城は必ず落ちますw

そこで考えられる理想的な落ち方というのは、HPが飛ぶまで戦闘に勝利し続け(そして銅銭ウハウハしw)、HPが飛んだ後に無血(兵損0)で陥落するというもの。

そんな本城主様の理想の実現には、私の加勢部隊に加勢部隊編成スキルは欠かせません。

これさえあれば、HPが飛ぶまで、同じ防御力を発揮することができます。

まあ、今期は本領でのHP減少が半分になったので、調整が必要ですが・・・。

 

 

 

f:id:masaixa2019:20190618020747j:plain

 

熙子さんも美人だったようですね。

いくさぶるの説明によると「才色兼備」。

娘である細川ガラシャさんの美貌は、この熙子さん譲りだと書いているサイトもありますね。

 

「でも光秀の美談?のひとつに、結婚前に疱瘡で痕が残ってしまった熙子を、父が妹に変更しようとしたのに、それを断って嫁にしたって話があるよね?」

「容貌で心の美しさは変わらない、みたいなw」

 

本城主様、よくご存じでw

そういえばそうですねw

話によって、美人になったり醜女になったりw 

 

「でも、光秀は彼女を大切にして側室も持たなかったとか、美談が多いね」

 

あの芭蕉さんが俳句に詠んだくらい、熙子さんの内助の功は有名でしたから。

でも、その最期についてはあまり触れられていませんよね。

 

現在最も支持されている説によれば、熙子さんが亡くなったのは1576年。

光秀さんが信長さんのもとで、まだこれから出世していくぞという時期なので、彼女は光秀さんの最盛期を見ていません。

しかも、死因は病気になった光秀さんの看病疲れという・・・。

ここまでくると、美談を通り越して悲劇のように思えるのですが、皆さんはどう思いますか?

 

え?

 

 

そんなことより俺に髪を売ってくれ?

 

 

 

それでは今回はこの辺で失礼いたします。

 


戦国IXA(イクサ)ランキング


記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の商標、または登録商標です。
Copyright © 2010-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.